ホームお知らせ四国で5カ所目、全国で41番目の拠点「シーバードあいなん」誕生

四国で5カ所目、全国で41番目の拠点「シーバードあいなん」誕生

0 DSCN5398

 7月8日(土)、愛媛県に全国で41番目となる拠点「シーバードあいなん」の開所式が、あいなんかわうそ村海の駅でおこなわれました。
 九州北部の豪雨被害の影響で、シーバードプロジェクトの構成団体である佐賀県・伊万里の日本青バイ隊はやむなく欠席でしたが、愛媛県西南部は心配された雨も止んで、開所式は滞りなく行われました。 
 式には愛南町の清水雅文町長、宇和島海上保安部・宇出津弘昭部長、愛南警察・山田昭人署長、愛南町消防本部・若林弘樹消防長、愛南漁業協同組合、御荘B&G海洋クラブから多数の関係者が出席され、開所を祝うと共に、これからの活動に期待を寄せていました。
 「シーバードあいなん」の代表に就いた向田和広氏は「これからは公務救難機関としっかり連携し、水辺の安全を守り、さらに子供たちが海で遊び学べる環境づくりに取り組んでいきます」と挨拶しました。
 「シーバードあいなん」の活動拠点はあいなんかわうそ村海の駅で、その母体はともに水産業で実績と歴史のある向田水産です。今後は、愛南町、御荘B&G、海の駅、そして今回開所した「シーバードあいなん」が人材、資材等を協力しあって活動していく予定です。さらに、先に開所している「シーバード松山」や九州・宮崎県の拠点との連携も視野に入れて取り組んでいきたいと話していました。